アオにゲストハウスを。

広島県安芸高田市美土里町の最北端、"青"という名のなんにもない集落で、ゲストハウスを開きたい夫婦です。

掃除。

いやー、ブログ続けるって難しいですねー。笑

というわけで、お久しぶりです。

 

簡易宿所の許認可で停滞しているように見えますが、古民家の片付けは着々と進んでいます!

f:id:aoneue-guesthouse:20170806123325j:image

リノベ打ち合わせ。

今日は設計士さんと3回目の打ち合わせ。
設備や内装などなど自分たちの理想をMAXにしたもので、見積もりを持ってきていただきました。

 

f:id:aoneue-guesthouse:20170703224208j:plain

 

が...

 

まぁ予想通りものすごい金額になってました。笑

 

それを僕と妻と設計士さんの3人で、優先度に応じて削ぎ落としたり、アイデアを出し合ってよりいいものにしていくという楽しい作業です。

どこまでを大工さんにやってもらって、どこまでを自分たちでやるのか。
『下地やどうしても素人ではできないとこ以外は、なるべく自分たちでやる!』というスタンスで。

 

f:id:aoneue-guesthouse:20170628232436j:plain

 

また次回の打ち合わせで、よりカチッとした計画になります。
早く着工したい!!

石釜ピザ。

前からずっと、作りたかったんですよね。
ピザ釜。
これ作ったら、妻もかなり激しく喜ぶし、遊びに来てくれた人たちと昼間っからビール飲みながら石釜ピザとか最高じゃないですか?

f:id:aoneue-guesthouse:20170626205608j:plain

 

先日の大崎上島ツアーで、移住者の方が2人もピザ釜作っていて、こりゃもうウチにも作るしかないなと。

ちなみにこの「大崎上島宅配ピザ・プロジェクト(略してTPP)」
超イカしてます。
海で遊んでるところに、出来立てのアツアツピザを宅配してくれます。
それだけではなく、地域の方のちょっとした用事も請け負ってくれるという、地域と生きるTPP!
オーナーの人柄もとってもあったかい方でした。

 

というわけで、今日は材料の下見に。
買うと高いので、どっかいらないレンガ100個くらいくれる人いないかな。笑

f:id:aoneue-guesthouse:20170626204707j:plain


作りたいイメージのピザ釜はこれ!
大崎上島のヴァンくんのピザ釜がドンピシャでした。

f:id:aoneue-guesthouse:20170626204945j:plain

こんなイメージで作っていきたいと思います!
乞うご期待!

ブログ、はじめます。

安芸高田市美土里町というど田舎で、ゲストハウスやります。

はじめまして。
僕たちは、広島県安芸高田市美土里町というど田舎で、ゲストハウスを始めようと動き出した夫婦です。

f:id:aoneue-guesthouse:20170626033357j:plain

これからゲストハウス開業までのことを書いていこうと思います。

 

きっかけ

『いつかゲストハウスやりたいよね』
夫婦でそう思いながら過ごしてきましたが、具体的な動きはなく、時が過ぎていきました。

そんな時目にしたこの募集。

これを見て、すぐに参加を決めました。

講師は、ゲストハウス界で知らないものはいないであろうNPO法人アースキューブジャパン中村功芳さん。
さらに、長野県小谷市のなんにもないど田舎でゲストハウス梢乃雪を開業し、現在ではシェアハウスをはじめ数店舗を束ねる、LODEC japan合同会社たつみかずきさん。
そして、この合宿の卒業生の方々など、なんとも豪華すぎるメンバーです。

 

地域と生きるゲストハウス開業合宿

合宿は、 6月8日〜10日の2泊3日、岡山県倉敷市新古民家再生空間[Barbizon/バルビゾン]にて行われました。

f:id:aoneue-guesthouse:20170624215636j:plain

 合宿参加者は、北は福島から南は山口まで、いろんな想いを持ったメンバーが集まりました。

 

まずはアイスブレイクから始まったのですが、見てくださいこのカチンコチンのメンバーの顔を。笑

f:id:aoneue-guesthouse:20170624215526j:plain

でもそれも初日だけで、2日目からは楽しく、和気藹々とプログラムは進んでいきました。(内容については長くなるので割愛しますね)

 

f:id:aoneue-guesthouse:20170626032827j:plain

各々の想い描くゲストハウスを、ひたすらにブラッシュアップしていく作業を繰り返しつつ、中村さんやたつみさん、スタッフとして参加してくださった合宿卒業生の方々のお話も、僕たちの背中を強く押してくれるものでした。

 

 

f:id:aoneue-guesthouse:20170624220525j:plain

合宿終了後の記念撮影。
初日が嘘のように、みんな晴れやかな表情です。
ゲストハウス開業に向けての貴重な情報を得ると共に、大切な仲間も作ることのできた合宿でした。

 

これからどうするのか

僕の場合、ゲストハウスを始める場所は、自分の自宅です。
古民家とはいえ、部屋も十分余っているし、蔵もあったり、いろいろできそう。
物件を借りたり買ったりしなくていいので、ラッキーすぎる。

f:id:aoneue-guesthouse:20170624221158j:plain

これはもうすぐにでも始めたほうがいいというアドバイスのもと、早速簡易宿所許可申請に入ります。
並行して、古民家のリノベーション工事も進めていきます。

ゲストハウスの進捗状況については、これから随時発信していければと思います。
どうぞあたたかく見守っていただけると嬉しいです。